ポパイ派じゃなく、週プレ派だったが にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > ポパイ派じゃなく、週プレ派だったがホーム > 記憶 > ポパイ派じゃなく、週プレ派だったが

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポパイ派じゃなく、週プレ派だったが

私は小奇麗なポパイよりもギラついた週刊プレイボーイ派だったけれど、ポパイ創刊号の巻頭の言葉は好きだった。久方ぶりにお目にかかったので引用。(引用はダカーポ復刊のダカーポ・エディタス内の広告より)
ダカーポ休刊から1年。早いものです。以前のダカーポで春ぐらいに毎年特集組まれてた、社会人の大常識、はまた復活してほしいと思います。

ダカーポeditus

「都会に住んでいる人なら、一週間も街を離れるともう、あの空気が恋しくなってしまうでしょう。街がいつの間にか、精神的な故郷になっていることに気がつくのです。 自然へのあこがれも、青い空への旅も、それは街へ帰るという前提があって成立するものです。 <ポパイ>は私たちのフランチャイズ、都会に焦点を合わせました。 都会での生活がどうしたら、もっとハッピーなものになるか。生きていることが楽しくなるか。<ポパイ>はその提案であり、サンプルであり、記録であり、そしてイマジネーションなのです」

例えば今日、東京から帰省するとする。そして学校が始まる前の1月10日ぐらいに東京に戻ると、羽田から自宅に帰るまでの道程だけでも変化がある。この店新しくできた、ここにあった店、潰れた。新しい屋外広告、立った。壁、塗り替えた・・・。驚いたのは留守にした2週間の間に、神社に騎馬武者の銅像がいきなり建っていたこと。短時間の変化が心地よかった。ここにいないと、変化を見落としてしまう、ずっと居続けなきゃ、とも思っていた。

オヤジ版「ポパイ」年内めど創刊 雑誌不況に挑戦 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/184744/

人気の若者向け雑誌「POPEYE(ポパイ)」を発行する大手出版社、マガジンハウスが、40~50代向けのポパイを12月上旬をめどに創刊することが6日、分かった。その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」(A4変型判)。ポパイで青春時代を楽しんだ世代を大人ではなく「大きな少年」ととらえ、ひと味違ったファッションや音楽、グルメなどさまざまな情報を提供する。

 同社によると、新雑誌名には、日本で初めてジーンズをはいた男といわれるおしゃれで破天荒な実業家、白洲次郎氏の英国留学中のニックネームを借用した。大好きな車の整備のため、いつも衣服がオイルまみれになっていたことに由来している。ポパイ初代編集長の木滑良久(きなめり・よしひさ)氏が名付けた。

 新雑誌のコンセプトは「みんな『大きな少年』になった」。創刊の昭和51年から32年たち、創刊当時15歳だった読者は現在47歳。立派な大人だが、同誌では「大人というのは社会が分類している年齢区分」と一喝。「男は大人になるのではなく、大きな少年になる」と位置づける。<以下略>

Oily Boy (マガジンハウスムック)Oily Boy (マガジンハウスムック)
(2008/12/03)
マガジンハウス


今でも最低2ヶ月に1度、月1度は東京に行くのだが、東京の変化に気づきにくくなった。モノレールからの風景も、大手町の風景も変わってないように見える。

変化が見えなくなった、分からなくなった。

巻頭の言の通り、東京は精神的な故郷であった。今もそうであると思いたいのだが、そうではなくなったようである。

関連記事
[ 2008/12/27 07:20 ] 記憶 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。