内定者研修を考慮しても無駄なこと多くなった にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 内定者研修を考慮しても無駄なこと多くなったホーム > 就職・転職・仕事 > 内定者研修を考慮しても無駄なこと多くなった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内定者研修を考慮しても無駄なこと多くなった

卒業旅行行くでしょ?、ということで2月~3月中旬まで内定者の呼び出しや研修は避けてましたが、ホントに行く人少ない。考慮しなくても良くなった。考えたら自分も行ってない。自分は学業ではなくアルバイトが忙しくて。就職決まってなかったというのもあるが。だいぶ昔だけど。

学生時代に海外ゼロ」6割 深刻な若者の「旅行離れ」 

http://news.livedoor.com/article/detail/3948502/

旅行への関心が、若者たちからめっきり薄れ、旅行業界は深刻に受け止めている。卒業旅行のシーズンが近づいているのに、大手旅行会社の申し込みは例年に比べてイマイチだ。また、学生時代に「一度も海外旅行をしたことがない」人は6割にものぼるという調査結果もある。 「卒業旅行は特に意味のないイベント」が40% 毎日コミュニケーションズが運営するサイト「マイコミフレッシャーズ」は2009年4月入社予定の内定者を対象に「卒業旅行」についてのアンケートを行い、08年12月17日に結果を発表した。

「卒業旅行に行く予定はありますか?」と聞いたところ、「行く」と回答した人が63.7%で、残りの36.3%は「行かない」「行こうかどうか迷っている」だった。行かない理由は、「卒論や授業で忙しい」が27.5%と最も多く、次いで「お金がもったいない」(24.8%)、「卒業旅行の他に(時間・お金を)使いたいことがある」(11.0%)と続いた。 さらに、卒業旅行について、「学生から社会人への区切りのイベントとして大事なものだと思う」が60.0%を占める一方で、残りの 40.0%は「行っても行かなくても、特に意味のないイベントだと思う」と回答。同社では卒業旅行自体への興味、関心が薄れているのでは、と推測している。


社会人になったら、自由が奪われ、長期休暇が取れないから、という理由で卒業旅行行く人も多かったと思う。でも今企業は連続休暇の取得推進に熱心だし、ある日突然無職になる可能性も高い。若いうちだったら失業保険即日もらいながらゆっくり旅行も可能だろう。売り手市場の少し前世代は大学4年の3月まで就職活動していた人も多かったように思う。しかし自分ら若者自身、よく分かっているだろうになぜ合説のJTBブースに並ぶんですか?なぜ人気企業ランクにJTBが上位にくるんですか?と問い詰めたいw旅行業界は斜陽ということが分からんかな~?

女子のりもの系就職図鑑女子のりもの系就職図鑑
(2008/11)
東京乗り物研究会



関連記事
[ 2008/12/21 03:03 ] 就職・転職・仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。