愛と勇気だけが友達 にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 愛と勇気だけが友達ホーム > 地味ニュース > 愛と勇気だけが友達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛と勇気だけが友達

毎週金曜日15:45に読売夕刊ニュースがあって、16:00からアンパンマンよく見てました大学3年生の頃。四谷に古くからショップを営業してて、割と商売っ気たっぷりな作者だと密かに思ってました。
あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)
(1976/05)
やなせ たかし



この1976年刊の「あんぱんまん」、子供にあんぱん食べさせ顔がない状態でジャムおじさんの家に飛んでくシーンが大変グロテスクです。

アンパンマン展 小倉北区で開幕 やなせ氏原画紹介
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000019-nnp-l40
 子どもたちに人気の漫画「アンパンマン」の原作者、やなせたかし氏の作品展「みんな大好きアンパンマン やなせたかしの世界」(西日本新聞社など主催)が13日、北九州市小倉北区室町1丁目のリバーウォーク北九州内の同市立美術館分館で始まった。1月25日まで。

 同展では、アンパンマンの絵本原画やラフスケッチに加え、やなせ氏が作詞した「てのひらを太陽に」をはじめとする詩の直筆など約180点を展示。同館は期間中、3万人の来館者を見込んでいる。小島敬三郎館長は「やなせ氏のメルヘンの世界や哲学に触れて、楽しんでいってください」と呼び掛けていた。

 入場料は一般500円、高大生300円、小中生200円。小学生未満は無料。29日‐1月1日は休館。同市立美術館分館=093(562)3215。

この福岡県北九州市にある市立美術館分館ってのは、子ども向け美術館であろうか。この前リサ&ガスパール展やっていたと思うけど。
本家の、北九州市立美術館の館員は、騒いでなくおとなしくしてる子どもにも目を光らせ、少しでも嫌がるそぶり見せようものならつまみ出す準備をしようとする為、親子連れに嫌われる美術館です。子供連れて行くと不快な思いをします。


アンパンマンあれこれプレゼント100人用景品セット お子様に大人気のアンパンマンのプレゼント景品


関連記事
[ 2008/12/14 03:55 ] 地味ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。