就職採用の都市伝説の検証を更に自分で検証してみた にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 就職採用の都市伝説の検証を更に自分で検証してみたホーム > 就職・転職・仕事 > 就職採用の都市伝説の検証を更に自分で検証してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

就職採用の都市伝説の検証を更に自分で検証してみた

採用側の視点として、就職採用の都市伝説の検証を、更に自分で検証してみました。
ちなみに従業員数325名、地方都市本社、支店・営業所数全国に6箇所の中小企業です。
全国的に地元も含めて知名度ゼロの会社ですw

就職採用の都市伝説を検証する
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000017-zdn_mkt-soci

1.顔で採用あり・なし

 あります。ただし、「美人さん、イケメンさんなら誰でも採用」という意味ではありません。採用担当は男性も女性もおり、「美人だけが有利」「イケメンだけ有利」といったことはありえません。
 ただ、人を選ぶ以上、好感を持てる人が有利なのは間違いありません。私は理系大学や大学院生の面接訓練をする機会が多いのですが、オタクっぽい、ちょっと暗めな雰囲気は、裏返せば「真面目」「技術者っぽい」「愚直」といった好印象に結び付きます。不潔感のある人は最低評価になるので、男性も女性も顔の造作を気にするより、好印象に見えるよう努力しましょう。



極端な美人、イケメンは逆に×。入社後誰に食われるか誰を食うか、まで想像すると無難な方向で。但しデブは駄目。法律で企業は従業員の健康管理に努めないとならんので、将来疾患リスクがある人は採用したくない。

2.面接の待ち合い場所で社員が審査することがある

 ウソ。そんなヒマな会社はまずありません。ただし、面接は家に帰るまでが面接。気を抜いて会社の脇でタバコを吸って、路上にポイ捨て、なんてシーンをたまたま採用関係者に見られれば、致命的ダメージになる可能性は当然あります。


本当です。当社はヒマではないと思うけどチェックしてます。まず第一関門は用務員さん。面接セミナーが開催される前は、迷った学生の案内役として玄関先にいてもらう。
そして帰り際の所作もチェックしてもらう。そして感じた印象を聞く。第二関門は受付。常時受付に人は配置してないけど、面接セミナーが開催される時だけ受付に人がいますw
あくまで印象を聞くだけだけどね。

3.セミナーや説明会のドタキャンは採用に響く
 これだけ採用難だと言われてるのに、学生気分が抜けていないのか、体調不良などでのドタキャンは珍しくありません。いちいち記録しているかどうか、企業にもよりますが、社会人としてのルールである「絶対に、どんなことがあっても、大事なアポは守る」ができない人は採用されないでしょう。その検証に使われれば当然不利になります。



これ△。ほしい人材だったらドタキャンでも許す。むしろ外回りの営業職希望で会場の場所聞いてくる学生は、営業のセンスないかな、と思う。営業出かける際に、訪問先に場所たずねたりしないでしょ?

4.学歴フィルターは存在する
 今のような就職超氷河期で、なおかつ東証一部上場の大企業など、さらにコンシューマー製品でテレビコマーシャルをやっている企業は、天文学的人気を誇ります。万単位の応募が来る企業の人事が、エントリーシートのすべての内容に目を通すことはまず無理です。
 そんな時に有名大学、高偏差値でソートするのは、やむを得ないこと。このような超人気企業を受ける以上、当然のリスクと考えるべきです。



そんなん当たり前にあるでしょ。現在の入試制度は兎も角、頑張った証、なんだからフィルターなくしちゃったら高学歴な人にむしろ失礼ですから。但し推薦で入ったか否かは何となくバレる。あと短大から四年制大学に編入とかの人はやっぱちょっと頭悪い。

5.スピード写真など、顔写真をケチると採用に響く
 ケースバイケースですが、安いことが問題ではなく、書類をいい加減に作っているというイメージが湧きやすいと考えるべきでしょう。特に最終選考で企業が迷っている場合などは、写真をじっくり見て決めることもあるので、印象が最終結果につながることはあります。
 ただ、「某写真館で撮ると採用」なんてのは正に都市伝説。あまりに修正が多くて、現物とギャップがあれば明らかにマイナスです。



別にどうでも。書類で落とす際に「変な顔」で落とすことはあるかも。伊勢丹写真館で撮らなくていいです。

6.体育会系学生は有利
 企業や職種によります。体力勝負な企業なら不利になることはありません。しかし営業職などは、極めて高度なセンスを要求されるので、体力だけでは務まらないことが多くあります。いずれにしても「体育会だから採用」という判断はありません。


面接での話のきっかけとして有利なのかもしれないけど、体育会系=脳みそが筋肉で出来てる、という不利な一面も。採用担当者が体育会系でなく、運動音痴だったらマイナスかも。ヒガミですがw

7.面接で親切な対応は不採用の暗示
 これはあります。もちろん、「不親切だから採用」はありません。ただ、最近の学生はひ弱な人が多いため、企業からすれば単に質問しただけなのに、「圧迫を受けた」と騒ぐ人はかなり多いと感じます。ゆえに、親切・不親切のジャッジも、よほど気を付けないと分かりません。


一昔前は面接来た学生に説教した、とかよくありましたが、今どこで悪口書かれるか分かりませんのでみんな丁寧だと思いますよ。
丁寧に接したつもりでも落とされるとみんなの就職活動日記で悪く書かれてしまうんですから。

8.グループディスカッションでは司会をすべき
 司会をしたかどうかと採用は何の関係もありません。ただ、誰も司会に手を挙げないダメグループ、消極的なグループで、1人その場を進行する、しかも全然押し付けがましくない司会が出来たら、それは高評価になるでしょう。「俺がやるよ」「いや俺が」「どうぞどうぞ」は、グループディスカッションでは理にかなっていると思います。


これは同意。司会の足引っ張る人間を採用したりすることある。狡賢さも大事。そしてチームには和も大事。船頭ばっかだったら前進まないでしょ。

9.OB訪問は採用につながる・つながらない

 これまたそのOB訪問の立場によります。リクルーターとして接しているOBは、OBではなく、採用要員です。母校への愛と、現職での評価のどちらが大切か、考えればすぐ分かりますよね。
 「最近の学生はマナーがなっていないので、何の縁もゆかりもない、単に同窓というだけの理由でしょーもない、会社案内を見れば書いてあるようなことを聞いてきて、しかもお礼メールもなし」というボヤキをとてもよく聞きます。学生諸君は、OB訪問した結果、このような無礼をはたらいて、かえって不採用を決定付けてしまうような愚は避けて下さい。


OB訪問は基本的にお断りしています。業務に支障でるし暇じゃないから。OBの親睦は入社後に、でもいいと思うし。
ただ「福岡大学理学部地球惑星学科の学生を採用したい!」っていう目標あるんならありかもしれないけど、そういった場合は大学や教授にコンタクト取るしね。

10.内定前に身元調査がある

 金融関係やごく一部の業界である、と言われています。ヘッドハントする場合など、高位職もある説がありますが、実態は分かりません。いずれにしても最終選考での話です。
 そんなことよりもっと恐いのはブログやTwitter、mixiなどで堂々と本名や本当のプロフィールを公開して、本音で日記などを書いている人です。
 「実は第一希望じゃない」とか「反社会的な行為をしていた」とか、そんなことがもしバレれば当然採用に決定的に響きます。これまた最終選考の前に、気の利いた人事は個人名や大学名など、いろいろ検索している可能性はあります。いずれにしても、ネットという個人情報ダダ漏れの環境で、堂々と個人情報を開示するような情報センスのなさがばれてしまうと、採否判定に大きく影響するのは当然です。


金融機関身辺調査やってるかな、バレたときの問題大きいからやってないんじゃないかな?
やるとしたら素行調査じゃなく借金の有無とか業務に関わることをごくごく限定的にやってるんじゃない?
社会的に許される範囲で。ちなみに中日新聞は身元調査やってます。地方新聞社ですね。あと名前でググります。住所もググります。一人暮らしの場合でも住所ググります。家賃も併せてチェックして、生活ぶり、親の経済状況も図れますし。

●公平な選考は絶対にない

 いかがだったでしょうか。ほとんど「ケース・バイ・ケース」という答えばかりでがっかりされましたか?
 しかし、「必ず答えがある」と考えているうちは、思考回路がビジネスモードになっていない証拠です。面接問答を暗記したり、採用された人のエントリーシートをパクったり、といったことは全部、仕事ができない人がやる行為です。
 では、仕事ができる人はどんな人でしょう? それは、本当に能力を持っている人、あるいは上のようなことを仮にしても「絶対にバレない」ように貫ける人ではないでしょうか。ビジネスは結果がすべて。この世に「公平な選考」は絶対にないのです。(増沢隆太)


これは同意。○○○です。新入社員に「何で自分は採用になったんですか?」って聞いても答えられない。
「なんでだろうね。採用担当者の人を見る目がなかったんじゃない?」って答えてますけどね。内定だした後も、なんでコイツに内定だしたんだろう、と思うこと多々あるし。
こう書いてみると、伝説は伝説でなく事実だったかもしれません。所詮中小企業に勤める人の戯言ですんで気にしないで下さい。みんなが入りたい大企業や三井とか三菱の名前がついた会社は違うと思いますんでね。
関連記事
[ 2010/11/30 22:47 ] 就職・転職・仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。