貧しい年寄りが増えた にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 貧しい年寄りが増えたホーム > 就職・転職・仕事 > 貧しい年寄りが増えた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

貧しい年寄りが増えた

50過ぎたら関連会社や取引先や天下り先に追い出して、中小零細にその受入のためのしわ寄せがきています。そんな中高年齢者雇用なんか積極的にできないですよ。ただでさえ貧しい年寄り増えて80~90歳の親の年金食いつぶして暮らしてる人多い中、年寄りこそ海外に脱出したほうがいいでしょう。20代30代の若い人材はやはり国には必要ですから。

「高齢者になっても働きたい」が6割近く―労政研機構調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000008-cbn-soci
7月5日18時32分配信 医療介護CBニュース

「高齢者になっても働きたい」が6割近く―労政研機構調査
 高年齢者の6割近くが、65歳以上の高齢者になっても働きたいと考えていることが7月5日、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「高年齢者の雇用・就業の実態に関する調査」で明らかになった。男性に限ると、約7割が65歳以上まで働きたいと答えた。また、経済的な理由から就労している高年齢者が最も多かった

 調査は昨年8月20日-9月15日、全国の55-69歳の男女5000人を対象に実施。3602人(72.0%)から回答を得た。
 それによると、「収入になる仕事を辞めたいと考えている年齢はあるか」との質問に対し、「65-69歳まで働きたい」が16.3%、「70歳以上まで働きたい」が10.9%、「年齢に関係なくいつまでも働きたい」が30.3%となり、65歳以上の高齢者になっても働きたいと考える高年齢者の割合は合わせて57.5%に上った。男女別に見ると、男性は69.1%と約7割に上った一方で、女性は46.4%だった。
 また、就業者に対して仕事をした理由を複数回答で尋ねたところ、「経済上の理由」が72.8%で他を大きく引き離しており、以下は「いきがい、社会参加のため」22.3%、「時間に余裕があるから」11.8%、「健康上の理由」11.4%などの順。経済上の理由の内訳は、「自分と家族の生活を維持するため」が88.4%と圧倒的に多く、「生活水準を上げるため」は7.4%と1割にも満たなかった。



「仕事」じゃなくて「労役」や「作業」なんだろうな求められてるのは。でも労役や作業は時給670円でもやっちゃう人がいるからなかなか仕事に就けない。早く仕事辞めたい。仕事なんかしないで済むんだったらしたくないね。
関連記事
[ 2010/07/05 21:24 ] 就職・転職・仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。