子ども手当の「保育・教育に関する行政サービスによる現物支給」って何もらえるのかな? にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 子ども手当の「保育・教育に関する行政サービスによる現物支給」って何もらえるのかな?ホーム > ライフ > 子ども手当の「保育・教育に関する行政サービスによる現物支給」って何もらえるのかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子ども手当の「保育・教育に関する行政サービスによる現物支給」って何もらえるのかな?

「行政サービスによる」ってのがうーん、不明。
行政サービスの現物支給って何がもらえるのか想像つかない。
出生祝いにチャイルドシートとか母子手帳のカバーとか植木をもらえるやつ?自治体によって違うけど、これらは今ももらえるからな。
「何をもらえるか」を考えたらいけないのかもしれない。「サービスの提供」と考えた方がいいかも。
「行政のサービス」っても想像できないけどね。
水道とかしか思いつきませぬ。

<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100506-00000085-mai-pol
5月6日20時53分配信 毎日新聞

 民主党のマニフェスト(政権公約)見直し作業で、子ども手当を担当する国民生活研究会(会長・中野寛成元幹事長)は6日、11年度以降は半額(月1万3000円)を保育・教育に関する行政サービスによる現物支給とする提言をまとめた。2万6000円の現金支給を盛り込んだ政権公約の見直しを求めた。今後、上部組織のマニフェスト企画委員会で検討するが、党内には抵抗感もあり、論議は難航しそうだ。

 提言では、現金支給は当面、6月に始まる半額の1万3000円とし、11年度から増額を予定していた1万3000円に相当する財源を、地方自治体を通じた保育所の整備など、教育・子育てに関する現物支給に充てる。

 現物支給には自治体ごとのニーズのばらつきや財政上の制約があり、サービス充実の具体策は示していない。中野氏は取材に対し「タウンミーティングの結果、残る1万3000円は現物支給にしてくれという声が圧倒的だった」と語った。【竹島一登】



香典返しのカタログギフトみたいなもんかな、、エコポイントみたいにベスト電器の商品券とかもあるのかも。
関連記事
[ 2010/05/06 22:09 ] ライフ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。