家族手当の支給/不支給は国が決めるもんじゃない にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 家族手当の支給/不支給は国が決めるもんじゃないホーム > 就職・転職・仕事 > 家族手当の支給/不支給は国が決めるもんじゃない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家族手当の支給/不支給は国が決めるもんじゃない

家族手当減額について、何か書いた気がしてましたが書いてましたよ09年の10月に。
Yahooヌースで話題になる五ヶ月前に話題にしてるなんてさすがわたしw自分で自分をトラバしちゃいます♪
54歳の従業員で28歳の引きこもりニートを抱えてる人、なんかにはご愁傷さま、ということで家族手当与えてもいいでしょうけど政府が干渉しちゃいけないでしょ。

長妻厚労相が子ども手当支給を理由とした「家族手当」削減防止へ調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000030-kana-l14
3月18日21時30分配信 カナロコ

 長妻昭厚生労働相は18日、子ども手当支給を理由とした「家族手当」(各企業・団体が独自設定)の減額や廃止が起きかねないとの指摘を受け、政府として調査し、防止へ向けた指導を行っていく方針を明らかにした。参院厚生労働委員会で共産党の小池晃氏(全国比例、南関東担当)に答弁した。

 小池氏は「子ども手当の支給は企業の諸手当を見直すきっかけとなる」とした経済団体のリポートなどを引用。「子ども手当の事業者負担は1割弱」という財源構成を示し、「『企業の自由度に委ねる』といった姿勢では、家族手当の減額や廃止のお墨付きを与えてしまうようなものだ」と指摘した。その上で「『中小企業に配慮しつつも事業者負担を増やす』『他の手当のカットは許さない』との姿勢で臨んでほしい」と提案した。

 長妻厚労相は「最終的には各企業などの労使の協議次第」としながらも「企業の福利厚生の動向について注視をし、行き過ぎにはメッセージを出す。調査もしていく」などと答弁。小池氏は「減らされてから後に指導に乗り出すようではだめだ」と念を押した。



家族手当廃止して基本給に組み込みます。基本給が増えることにより退職金の掛率が増え、将来的に従業員にとっての賃金は増えます。

で話終わり。

あとから入ってきた人は損だけどね。
関連記事
[ 2010/03/18 22:23 ] 就職・転職・仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。