1泊3,000円?いつのバブル期の話です? にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 1泊3,000円?いつのバブル期の話です?ホーム > 地味ニュース > 1泊3,000円?いつのバブル期の話です?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1泊3,000円?いつのバブル期の話です?

京都だったらまだ分かる。自分がバックパッカーだったら日本の伝統である「サウナ&カプセルホテル」に泊まりたい。泊まるのだったらココ。2980円也。
カプセル&サウナ ファーストイン京橋

北品川にゲストハウス-バックパッカー呼び込み地域活性化へ /東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000044-minkei-l13
11月11日20時20分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

京急北品川駅近くの旧東海道沿いに10月16日、「Guest House Shinagawa-shuku」(品川区北品川1、TEL 03-6712-9440)がオープンした。(品川経済新聞)
 同施設は、築年数20年のもとビジネスホテル「清美荘」を利用したゲストハウス。品川宿を盛り上げるための「地域貢献型」をコンセプトに据え、海外からバックパッカーを呼び込む。地下1階の地上3階建て、延べ床面積は235平方メートル。部屋数は1人部屋=7室、2人部屋=4室、3人部屋=2室。
 経営を行うのは現在29歳の渡邊崇志さん。17歳から北品川に住み、学生時代はバックパッカーとして世界10カ国へ旅に出た。旅先で、「ビザなしで海外へ渡航できる幸せ」や日本の豊かさを実感。当時、大学で観光学を専攻していたこともあり、観光ビジネスに興味を持っていたという。卒業後、メーカーの営業職を経て、語学習得のため半年間渡米。帰国後、ゲストハウス開業へ向けて準備を始めた。
 「自分1人では決して開業できなかった。受け入れてくれた街の方々のおかげ」と渡邊さん。開業にあたり、かつて住んでいた都営アパートの自治会長に相談すると、「旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会」の堀江新三会長を紹介された。しばらくして、休業に入るビジネスホテル「清美荘」の話が舞い込み、オープンが決定。もともとゲストハウス開業に賛成だった堀江さんの計らいで、スムーズに話が進んだという。
 渡邊さんは「かつて宿場町だった品川宿の人たちは、江戸時代からその人を迎え入れる気質が変わっていない。バックパッカーは、宿泊費は節約するが食や施設拝観料はケチらないので、海外からの観光客が商店街の新規顧客となるのでは。今後は街の活性化につながる事例を作っていきたい」と意気込む。
 宿泊費は、個室=3,500円、相部屋=3,000円。7月~9月、12月~1月のハイシーズンは10%増。


地図見ると場所はここ。


大きな地図で見る


うーん・・・・品川女子とは、線路挟んで反対側ですね。
せめて同じ側で
「窓から登下校のジャパニーズハイスクールガールが拝めます」てなことをウリにしたら日本人でも需要あったかもしれないけど、、駅のこっち側はちょっと・・・・ね。
熱帯魚のチャイ、に行きたい人には便利かもしれないけど、羽田空港に向かう帰路立ち寄れば済むし、ここにわざわざ泊まる必要ないかな。
にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ

関連記事
[ 2009/11/11 21:55 ] 地味ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。