売れているからといって読まれているとは限らない にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 売れているからといって読まれているとは限らないホーム > 産経 > 売れているからといって読まれているとは限らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

売れているからといって読まれているとは限らない

別に読売新聞の悪口、ではないけれど、売れているからと言って読まれているか、と言えば買って読まれない場合が多い。「良く売れた分厚い本」は買っても読まれる割合は低いと思う。
例えば、この本国民の歴史
700ページもあり当時良く売れた本だと思うけど、買った人皆ワタシ含めて「縄文や弥生で挫折」という人ばかりだった。上下巻もあるんだったら、ね。最近のドストエフスキーブームも、本棚のかざりでしょ?

「1Q84」上巻が100万部突破 「バカの壁」抜く速さ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/272877/
配信元:産経新聞
2009/07/01 16:33

 作家、村上春樹さんの最新長編小説「1Q84(いちきゅうはちよん)」(全2巻)について、発行元の新潮社は1日、2巻組のうち「BOOK1」が100万部を突破したと発表した。106万部までの増刷が決まっている。
 5月29日の全国発売から34日でのミリオン達成は、平成以降の同社の刊行物では、265万部のベストセラー「国家の品格」の126日、429万5000部の「バカの壁」の138日をしのぐ最速の記録という。「BOOK2」も増刷が決まって87万部に。2巻合わせた累計は14刷193万部となった。


春山茂雄の脳内革命や幸福の科学出版の本と同様、105円コーナーに溢れるんだろうな。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事
[ 2009/07/01 22:37 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。