一応は政令指定都市、だけど田舎だから世間は狭い にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 一応は政令指定都市、だけど田舎だから世間は狭いホーム > 産経 > 一応は政令指定都市、だけど田舎だから世間は狭い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一応は政令指定都市、だけど田舎だから世間は狭い

私は引き篭もりで世間に顔が狭いため、履歴書見ても全然分かんないけど、見る人が履歴書見ると、

「この人は小学校まで●●に住んでお姉さんが一人居て離婚して、お父さんは××に勤めてる」

なんてことが身上調査しなくてもすぐ分かるそうです。なので面接前に採否がほぼ確定。
田舎は怖い所です。

知り合いに会いたくない所。風俗でも会いたくないけど、こういう所でも会いたくないですね。
《田舎のコンビニ前 つば注意》おバカ100円ケータイステッカー/耐水加工☆STICKER通販☆《田舎のコンビニ前 つば注意》おバカ100円ケータイステッカー/耐水加工☆STICKER通販☆
()
不明


35歳以上限定!基本は「男2対女2」…ウワサの「まじコン」って!?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/268865/
2009/06/21 19:15

 「婚活」ブームにわく中、本気(まじ)で結婚を考えている35歳以上を対象にした合コン「まじコン」が新潟県で誕生した。登録料もカップル成約料も無料。懐に優しいまじコンを始めたのは、自らも婚活中というアラフォーの女性だった。(永岡栄治)
 「まじコン」の発案者は、新潟市江南区のキャリアカウンセラー、栗原希以子(きいこ)さん(42)。10年前に離婚した栗原さんは38歳ごろから再婚を考え、出会いの場を探したことがきっかけだった。
 「若い人の出会いの場はたくさんあっても、中高年にはほとんどないことを思い知らされた。結婚相談所に登録すると、数十万円もかかってしまう」
 そんな経験から、実社会で経験を積み、人生で輝いている中高年が気軽に出会える場を作ろうと、2月14日にサイトを立ち上げた。
 現在は35~62歳の男女約35人が登録。免許証で身分を示し、年収や結婚歴、親との同居、子供の有無などを記したプロフィルをサイトに登録、気に入った人がいれば「まじコン」を運営者に申し込む仕組みだ。
 人数は基本的に男2対女2。「自分の経験からも大勢だとゆっくり話せないから」と少人数限定にこだわる。
 プロフィルだけではお互いがよく分からないため、会員同士の交流の場として月1回、ボウリングや食事会などのイベントを開催。4月下旬に新潟市中央区女池神明のライブカフェ「トレジャーボックス」で開いた食事会では、参加者がシンガーソングライターの佐藤祐亮さん(24)に思い入れのあるラブソングをリクエストしてムードを高め、2組のカップルが成立した。
 栗原さんは「真剣に結婚を考えているのに出会いがなく私自身、相当悩んだ。だからこそ、同じような悩みを抱える人の力になりたい」と張り切っている。

 



今は新聞記者もカメラマン兼務なのかな。栗原さんの写真もう少しキレイに撮ってあげればいいのに、こんな薄暗い窓辺で逆光で撮らなくても・・・というのが第一感想。
でも男2女2、というのはなかなかよく分かってらっしゃる。それ以上の人数になると同じ場にいても話題が2つに割れやすいからね。
でも登録したら従兄弟とか元旦那とか弟とかいたらイヤだな・・田舎は可能性あるから怖い。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

関連記事
[ 2009/06/23 03:39 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。