最寄のアウトレットまでクルマで2時間。ここには競争がありません。 にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 最寄のアウトレットまでクルマで2時間。ここには競争がありません。ホーム > 要望 > 最寄のアウトレットまでクルマで2時間。ここには競争がありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最寄のアウトレットまでクルマで2時間。ここには競争がありません。

三井でもどこでもいいからアウトレットさん来て下さい。

私の住んでるとこには競争ありませんよ。



全国35カ所と00年から倍増 アウトレット、人気浸透も業界の競争激化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000001-sh_mon-bus_all
6月14日13時0分配信 MONEYzine

服などを格安で販売する「アウトレットモール」の存在感が増している。アウトレットモールは、ブランドやメーカーの衣料品・アクセサリーなどで売れ残り品や実用上は問題のない小さな傷がついた商品を通常価格より2~6割ほど値引きして販売する店舗を集めたショッピングモールだ。

 アウトレットモールの多くは、都心を離れた郊外や地方に店を構えているが、今や観光名所として捉えられるようになったところも少なくない。今月発表された電通総研の調査では、夏のボーナスの使い道として大型薄型テレビなど家電に次いで3位に「アウトレットモール」が入った。経済的なお得感が消費者の間で浸透しつつあることが伺える。

 だがアウトレットの開業が進んだことで業界の競争が激しくなっているのも事実だ。現在アウトレットは来月9日に茨城県阿見町で開業する「あみプレミアム・アウトレット」も含めると、全国35カ所と2000年時点の2倍強に増えている。



アウトレット、って名前ついてても、全然安くない所ありますね。
デパートなんかで買うの馬鹿馬鹿しくなるわけだ。
山口県内に1店舗、作ってくださいよ。山はいっぱいあるし政治力でなんとか、ね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
関連記事
[ 2009/06/14 21:06 ] 要望 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。