ルノアールでお茶が出てくると、帰れという合図 にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > ルノアールでお茶が出てくると、帰れという合図ホーム > 記憶 > ルノアールでお茶が出てくると、帰れという合図

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルノアールでお茶が出てくると、帰れという合図

という噂が昔からあるけど、真偽の程は分かりませぬ。即効でお茶出てくるときもある。 シャノアールでお冷おかわりが出てくるときは、店内に正社員がいて、ちゃんとしないといけない合図です。

お買い得な水槽+フィルターセット!アクアシステム ルノアール 310(水槽単体) + AX―30...

ルノアールの思い出として、年に1回行われる自己申告というか上司面談の会場が新宿西口のルノアールであった、なぜか。上司自身が居心地が良かったからであろう。
コーヒーおごってくれるけど、居心地悪く早々に話切り上げ立ち去った記憶がある。
あと、小川洋子のエッセイであった、読書会の会場も確かルノアール。高田馬場のルノアール、一体何店舗あったのだろう。「高田馬場のルノアール」だけで待ち合わせしたらたぶん待ち会えない。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0905/31/news003.html

 何年ぶりだろう。先日、東京出張の際に、新宿西口の喫茶室「ルノアール」を利用させてもらった。打ち合わせまでの時間潰しで入っただけなのだが、なぜか、すごく落ち着いた。スターバックスの成長が鈍化する中で、おなじみ喫茶室ルノアールに伸びしろがある気がした。

 東京に住む人なら誰もが目にしたことがある喫茶室「ルノアール」。スタバなどの欧米スタイルのカフェ隆盛の中、「残念な喫茶店」の様相を呈しているかと思いきや、ルノアールを経営しているのは、株式会社銀座ルノアールというれっきとしたジャスダック上場企業。コーヒーチェーン業界としては日本で初めて、「ドトールコーヒー」よりも先に株式公開を成し遂げた会社なのである。

関連記事
[ 2009/06/09 22:23 ] 記憶 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。