人件費も人権費も安い沖縄へ にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 人件費も人権費も安い沖縄へホーム > イット > 人件費も人権費も安い沖縄へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人件費も人権費も安い沖縄へ

東京の社員解雇して人件費安い沖縄で人材確保、っていうわけじゃなさそうね。
マイクロソフト日本法人、確か最初に進出したのはつくば。つくば撤退して笹塚に移転する際、つくばの社員切ったんだよね。ITって(いい人材集まれば)田舎でいいと思うけどね。成績悪い社員解雇するって話、あれどうなったのかな?関東は幕張だけでいいんじゃない? 営業とかJBCCとかに任せればいいんだし。

IBM好きなら必ず持っていたくなるメモ帳!!IBM(アイ・ビー・エム)シンクノートメモ帳IBMヴィンテージ(スペアノート2冊付)【ZIB-82004】


本社業務変革 沖縄が拠点/日本IBM社長・橋本孝之氏インタビュー
業務移管の推進図る/高度人材育成へ投資必要
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-05-23-M_1-011-1_001.html

日本IBM(東京)の橋本孝之社長が22日、那覇市内で会見し、県内事業所を「IBMの変革を支援してもらう中核拠点」と位置付け、本社の業務移管を進める意向を示した。1月から経理や営業提案書作成業務などを移しており「日本語能力が必要な業務で、東京から移すケースについては沖縄を優先したい」と話した。IT産業振興については、大学教育を含めた高度人材育成の強化や、産業振興のグランドデザイン構築の必要性を指摘した。
 同社は2000年に総合お客さま窓口(ダイヤルIBM)を沖縄に設置、県内で本格的に事業展開を始めた。コンタクトセンターなど業務内容を拡大し、従業数は1100人にのぼる。全国では東京、千葉に次いで従業員が多い。
 橋本社長は「本社業務を変革し、効率化、高度化しながら沖縄に移している」と説明。「(さらに)業務の標準化のスピードにもよるが、移管を進めたい」と話した。


移管っていっても、誰でもできるコア業務は優秀なので固めて、誰でもできる標準化されたものだけ沖縄に流す形だろうけどね。でもIBMコールセンター、日本語能力少し怪しいとこあるぞ。最新の略語、のようなものに弱いし、地名に弱い。それはアメリカのコールセンターをインドが請ける、よりかは不自由ないんだろうけどさ。

関連記事
[ 2009/05/23 11:08 ] イット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。