内定辞退した学生に損害賠償請求はできないものか にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 内定辞退した学生に損害賠償請求はできないものかホーム > 産経 > 内定辞退した学生に損害賠償請求はできないものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内定辞退した学生に損害賠償請求はできないものか

内定出して呼び出して、交通費多めに出して内定者懇親会と称して酒飲ませて、入社前研修として通信教育や実地研修なんぞを施し、いざ入社直前になり内定辞退した学生に対し入社前にかかった研修費用並びに企業の経営計画に狂いを生じさせたとして損害賠償請求をこの学生に起こしたいのですがそんな人道に反するようなことはできないものでしょうか?
内定者が本当にやった究極の自己分析(’10年版)

内々定取り消し 違法性認定、75万円支払い命令
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/242682/
2009/04/14 10:53

 採用の内々定を内定式の直前に取り消したのは違法だとして、20代の男性が福岡市内の不動産会社に105万円の支払いを求めた労働審判で、福岡地裁は4月13日、この不動産会社に解決金75五万円の支払いを命じた。
 男性の代理人を務めた光永享央弁護士の話によると、審判の中で福岡地裁は「取り消しが内定式直前だったうえに、文書1枚での誠意のない通知だった」という会社側の対応を落ち度として指摘し、取り消しの違法性を認定。会社側は「未曾有の不況でやむを得なかった」と主張していたが、地裁は「正当化される理由はない」と退けたという。



 4月1日の入社式直前に内定を辞退したのは違法だとして、福岡市内の不動産会社が20代の男性に105万円の支払いを求めた労働審判で、福岡地裁は4月13日、この男性に解決金75五万円の支払いを命じた。
 会社の代理人を務めた弁護士の話によると、審判の中で福岡地裁は「辞退が入社式直前だったうえに、メールでの誠意のない通知だった」という男性側の対応を落ち度として指摘し、内定辞退の違法性を認定。男性側は「未曾有の不況で内定取り消しになるかもしれず、やむを得なかった」と主張していたが、地裁は「正当化される理由はない」と退けたという。

↑こんなことありえないかな?

外務省でも公費で留学させた職員が留学後すぐ退職するにあたり、留学費用を弁済させる訴訟なんかを起こしたんだっけ?取り立ててないんだっけ?そんな話があったと思いますが、同様に費用だけかけた挙句、入社しなかった学生に対しかかった費用の弁償求めてもいいんじゃないでしょうか?
企業の社会的責任、とかそんなもん全く無視した考え方だけどね。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ
関連記事
[ 2009/05/04 04:47 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。