デスティネーションキャンペーンの効果が出ました にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > デスティネーションキャンペーンの効果が出ましたホーム > 地味ニュース > デスティネーションキャンペーンの効果が出ました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デスティネーションキャンペーンの効果が出ました

JRグループ各社と自治体がやるデスティネーションキャンペーンというのがあり、今年は兵庫と横浜と新潟です。 概要はここで

 



サザエさんのオープニングでその地域が紹介されたりします。(スポンサーは東芝だけではないです)
国体と開催県=優勝、と同じように、一定の効果が得られないといけないようで、当然昨年前半の対象だった山口県での効果はあった、とどっかで読みました。

JRグループが行うものなので、東京から山口へは当然新幹線で行ってもらわなければ困るわけです。なのでこういう結果となっております。

山口宇部空港:昨年度利用客、過去最低85万人 ビジネス需要不景気で低迷 /山口
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000203-mailo-l35
4月18日16時2分配信 毎日新聞

 山口宇部空港(宇部市)の昨年度の利用客数は85万52人となり、航空会社2社の乗り入れ体制導入(02年7月)以降、最低を記録した。昨秋以来の景気悪化で、ビジネス客が出張での利用を手控えていることが要因という。
 県によると、1日に全日空5便、日本航空3便のいずれも東京線が運航されており、利用客数は前年度を3万6765人下回った。利用率は64・6%で、同2・4ポイント下回った。6~8月の利用客数は前年度を上回っていたが、9月から減少に転じ、2月には前年度比86・7%に落ち込んだ。一方、チャーター便は計17回を7107人が利用し、前年度を2913人上回った。
 航空会社が設ける一般的な採算ラインは60~70%といい、さらに悪化すれば減便の可能性もある。交通運輸対策室は「全国的な需要低迷の影響を受けた。首都圏からの観光客を増やすため、さらにイベントに取り組みたい」とする。【井上大作】
〔山口版〕



ビジネス客が手控えてるのは山口宇部に限らず全国、世界でもそう。

それ以外の理由はデスティネーションの他に

山口宇部空港以西の住人が北九州空港を利用するようになった
新下関駅から山口宇部空港行きのバスが出ていない
羽田→福岡空港+博多→山口の電車代が羽田→山口宇部 の飛行機代とほぼ同じ
羽田-山口宇部の最終便がイマドキ18:55
スーパーシートがない機体の為会社の重役が避ける(福岡か新幹線グリーンを利用)
山口銀行が密かにスターフライヤーに出資
安倍元首相が東京戻る時に山口宇部空港を使わない

があると思います。
山口なんかに観光来る人なんて元々おらずビジネス客が大半なんだろうから、昼間の便減らしても朝早く晩遅い便増やすのがいいんじゃないかな。羽田発着枠の課題あるだろうけど有力政治家いっぱ抱えてるんだから政治力でなんとでもなるでしょ?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

関連記事
[ 2009/04/19 03:04 ] 地味ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。