付録で勝負されると、立ち読みできない。 にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 付録で勝負されると、立ち読みできない。ホーム > 産経 > 付録で勝負されると、立ち読みできない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

付録で勝負されると、立ち読みできない。

昔りぼんやなかよしの全プレによく応募してた。
切手代は必要だけど、全員に当たる、ってのがすごいと思ってたけど学研の学習や科学みたいに付録でつけたらいいのに、とも思ってた。

付録付の雑誌が増えたおかげで、紐で縛られて販売されることになり、立ち読みが出来ず、よほど表紙に興味ないと手に取らないね。売る側にとっては雑誌傷まないからいいんだろうけど。
コンビニでの立ち読み機会って減りましたね・・。付録つけ、紐縛りで一見さんお断り、を自ら作り出してるんじゃないでしょうか・・。

「草食系」にアピール 男性誌も付録で勝負
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/242054/

有名ブランドのバッグ、ベルト、靴下…豪華付録といえば女性ファッション誌の定番だったが、負けじと大きな付録を挟み込んだ分厚い男性誌も目立ってきた。各ブランドとの共同企画で実用性のあるグッズをそろえ、お買い得感を前面に出す。「部数増→広告収入増」の好循環を狙った物量作戦は、雑誌離れの打開策になるのだろうか。

 男性ファッション誌「クール・トランス」(ワニブックス)は5月号で付録の原価を倍増させ、トートバッグを付けた。4月24日発売の6月号には「これまでで最も高コスト」(里見真人編集長)という有名ブランドのメッセンジャーバッグを付け、通常580円の価格を特別に690円に上げる。里見編集長は「付録の質によって部数が10%ほど動く。新たな読者を獲得しやすい新学期を選び、原価アップにチャレンジした」と説明する。<以下略>


そういえば昨日週刊新潮買いにファミマ入ったけど、売ってないね。文春も。
18歳未満有害コーナーとマンガしかなかった。有害コーナーに週刊ポストはあったかな?
活字しかない雑誌は駅か本屋でしか売れないかな?
近所の本屋では週刊新潮は「文芸コーナー」に置いてあるし・・・。活字雑誌は高齢者の読み物、かな。


関連記事
[ 2009/04/12 08:25 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。