通天閣の足元に転がる人たち にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 通天閣の足元に転がる人たちホーム > ライフ > 通天閣の足元に転がる人たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

通天閣の足元に転がる人たち

初めて通天閣行った時、出張にかこつけて飛田新地のついでで平日観光に行ったのだが、路上に転がってる人たくさんいた。好景気の時なのに。

通天閣に思いをはせる人達は、

まだこの人たちよりまし

下には下がある


という生きる活力、生きる元気、この人達よりまし、

みたいな  生きる勇気  を得られるから行くんじゃないでしょうか?



不況の中でナゼ? 通天閣、人気の秘密
2009/02/02 18:38

 大阪のシンボルタワー、通天閣(大阪市浪速区)の入場客数が昨秋以降、前年比20%以上増という人気ぶりだ。ところが、その原因を探ると、米国発の経済危機による不況が色濃く反映しているという。運営会社も繁盛ムードは当分続くとみており、こちらは笑いが止まらないようだ。


 通天閣5階(高さ87.5メートル)の展望台。ビリケンさんの像の横には大学受験合格や良縁を祈願する絵馬が並ぶ。

 そんななか、最近は「派遣切り」に象徴される不安な世相を反映してか、≪世界、日本、自分に良い転機が訪れますように…≫≪就職が決まりますように!≫と“切実”な願いを込めた文面も増え始めたという。

 通天閣観光によると、2008年度の入場客数は昨年10月から、前年度比で増加。10~12月の第3四半期に計約27万6298人を記録し、前年同期(22万5346人)より5万952人(22.6%)増えた。

 その理由として、福の神として知られる「ビリケン」の力があると、同社の高井隆光副社長は指摘する。

 「ビリケンさんはラッキーな神様。御利益にあやかりたいという人も訪れているのではないか。不況もすぐには改善されそうにないので、右肩上がりの好調ムードは当分期待できる」と笑顔だ。

 さらに、通天閣がそびえる「新世界」周辺は、串カツ、たこ焼き、うどん、居酒屋など、キタやミナミの繁華街と比べても極めて低料金で楽しめる店がひしめく。最近は観光目的など既存客のほかに、会社帰りのサラリーマンの姿も増えているという。

 高井氏は「財布のヒモが固くなりがちで、安くて楽しめる新世界に流れる方も増え、通天閣にもっと寄ってくださるケースが多くなる」と分析している。

大阪で驚くのが、大阪駅徒歩10分ぐらいの所に普通に住めるマンションがあること。(ただし鉄条網付)。

住と勤は離れてる、という東京の概念が覆される場所です。

 

大阪府吹田市に住み、勤務先が本町の普通のサラリーマン氏に言わせれば、

 

通天閣近辺は近づかない場所

 

普通の会社はあの近辺にはない

 

とのことで、大阪を訪れる異邦人達が、自分達の地位身分を確認し安堵する場所、としか思えないんですが。

あと、スマートボールをやりたい人が訪れる場所、かな?

お祭り屋台キット ・ スマートボールお祭り屋台キット ・ スマートボール
()
不明

商品詳細を見る

関連記事
[ 2009/02/03 04:40 ] ライフ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。