四国に行ってみたい にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 四国に行ってみたいホーム > 産経 > 四国に行ってみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四国に行ってみたい

どうせならスキーシーズンから始めればよかったのに。首都圏から新潟へ。
いま田中派は皆民主だから新潟への利益誘導はない、ということでしょう。
いずれにしろ、大都市近郊区間の
関越道東松山から練馬まで渋滞40キロ

が土日常態化するでしょう。

沖縄で高速乗っても今の最大距離が1000円のようだからこの恩恵沖縄にはないね。

この記事「賢い利用法」ってあるけど青森から鹿児島までなんて非現実的な例出しても、ね。貧乏学生が帰省に使うわけないんだから。

1000円になったら四国に行ってみたいです。

どういうルートで行くにしても四国は高いから。でも本州四国連絡橋は対象外??アクアラインは?宇佐別府道路は??

今やってる土日祝9:00~17:00の5割引、もしかしてなくなる?なくなると実家行くのには高くなるよ・・・

この辺もQ&Aで教えてほしかった。東京の中の人だからわかんないかな?

東京居た頃は高速なんかクルマなんかくそくらえ、だったけど、田舎来るとクルマ必要、高速必要です。東京の皆さんもう少し田舎に寛大にお願いしますw


「高速道路1000円」の賢い利用法Q&A
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/217867/

高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度補正予算が成立した。目玉は「普通車の場合、地方圏は土、日、祝日、上限1000円で乗り放題」。ただ、首都高速道路など、別途料金を加算される道路もあり、1000円では済まないケースがあるほか、選択するルートによって値段が変わってくる。「大幅割引」を最大限活用するためには、どんな点に注意すればいいのか-。Q&Aで探った。


Q いつから始まるの?
 A 国土交通省は「3月までには始めたい」という。ただ、そのためには、補正予算を執行する関連法の成立が必要なんだ。

 Q 「上限1000円」は高速道路のどこから乗っても適用されるの。
 A 違う。首都高や阪神高速、さらには「大都市近郊区間」は対象外だ。これらは別の割引制度になっている。それから、いずれも割引はETC(自動料金収受システム)搭載車に限られるので注意が必要だ。

 Q ETCで地方圏だけなら1000円なんだ。
 A それも正確じゃない。料金は高速道路を降りた時点で課金されるので、同じ日でも、改めて高速道路を使えば、別途1000円がかかる。JRのように、“乗り降り”自由ではないんだ。

 Q 利用が平日と休日にまたがるときは?
 A どの割引も出入りのどちらかが休日なら割引対象になる。例えば金曜に高速に入っても、料金所を出るときが土曜や日曜なら割引の対象になる。ただ、金曜に高速に入って、出るのが月曜になったら割引の対象にはならない。あまり現実的ではないかな。

 Q 割引の具体例は?
 A たとえば青森東IC(青森道)から鹿児島IC(九州道)まで高速道路を使って日本縦断する場合、途中の名神高速で、別途1500円が必要となる大都市近郊区間があるため、合計2500円になる。1000円ではないけど、現在の3万9250円よりも格段に安くなる。

 Q 平日は?
 A 地方圏も含めて、時間帯によって別の割引制度がある。早朝深夜の割引が中心で、割引率は3割と5割が主流だ。

 Q 経済効果は?
 A 国交省では、観光客増による経済効果が7000億~8000億円見込まれる。ただ、高速道路の利用が増える分、ほかの交通機関の利用が減るので、そこまで効果はないという意見もある。

激走!高速道路 青森~鹿児島 2168.5km [DVD]激走!高速道路 青森~鹿児島 2168.5km [DVD]
(2007/06/29)
高速道路


関連記事
[ 2009/02/02 04:13 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。