内定取り消し→公表を回避する方法 にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > スポンサー広告 > 内定取り消し→公表を回避する方法ホーム > 産経 > 内定取り消し→公表を回避する方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内定取り消し→公表を回避する方法

就職活動、といえば大学生だけではありません。大学院生の就職活動もあります。
勿論学生と同じく民間企業への就職もありますが、もうひとつ、博士課程で自分の大学あるいは他大学の専任/非常勤の講師としての就職活動もあります。

知人で、某大学へ専任講師の内定を取り消された人がいます。補償金支払いや大学名公表の適用除外になりそうですが、困ってる大学院生もいるのではないでしょうか?

「仕事ない」内定辞退を強要される 鳥取の学生2人

配信元:産経新聞

2009/01/27 21:02

 鳥取環境大(鳥取市)の男子学生2人が就職内定先の企業から内定を辞退するよう強要されていたことが27日、分かった。内定取り消しを行うと、補償金を支払ったり、悪質な場合は社名公表されるケースもあるため、内定者が自主的に辞退する体裁を取ることにより、企業側がデメリットを回避しようとした疑いがあるといい、鳥取環境大は「企業側の責任逃れで悪質だ」として鳥取労働局に経緯の報告を行った。

 大学側によると、「内定を辞退してくれ」と学生に迫ったのは、東京都内の大手外食チェーン経営会社と大阪市のソフト開発会社の2社。男子学生2人は昨年中に、就職が内定していたそれぞれの会社から呼び出しを受け、「やってもらう仕事がない。内定辞退してくれ」などといわれたという。

 外食チェーンはその後、「うちには来てもらえなくなったが、グループ内の別の会社を紹介する」と態度を変えたが、学生は応じなかった。就職課は「学生は『これは内定取り消しですよね』と念を押したが、会社側は言葉を濁した」と憤っている。2人は今も就職活動を続けているという。

 厚生労働省職業安定局の担当者は「こうしたケースはあまり聞いたことがないが、仮に企業側が内定取り消しによるデメリットを避けるために内定辞退を強要したのであれば、好ましくない。労働局は問題があるのかどうか、事例ごとに状況を調べる必要があるだろう」としている。

5年ぐらい前ですが、外資系銀行に内定もらい、外資は9月から新年度、ということで大学4年の9月からアルバイトとして勤務していた人がいました。

半年たった4月1日、その会社の正社員となったわけですが、4月2日の勤務時間終了間際の16:50、成績不振により本日付けで解雇、を告げられたそうです。

 

内定取り消しだと補償金や企業名公表の対象となりますが、一旦正社員で採用してからの解雇、では普通の解雇で公表はされないと思います。

一旦入社させ、その後何か理由をつけて解雇、という企業が増えるのではないかと思います。そう考えると、内定取り消しの方が学生にとっては幸せかもしれません。4月1日からどんなニュースが出てくることやら・・・。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へにほんブログ村 転職キャリアブログへ

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学
(2007/03)
小林 朋道

関連記事
[ 2009/01/28 01:56 ] 産経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。