にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > アーカイブ - 2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

瓶ビールが旨い店

生ビールってあんまり好きじゃなかった。というのは飲んだ量がお互い分かってしまう、から。ま、瓶ビール以外は大抵分かるけど。
瓶ビールのおいしい店、というのが地下鉄早稲田駅出たすぐにあって、中華なんだけどラーメンもチャーハンもギョウザもチンしました的な店で全然おいしくないんだけど、瓶ビールのうまさが格別で、どういう冷やし方と保存をしたらあんなにおいしく提供できるのか、という店でした。麺じゃ、っていう店だったかな?もう潰れたけど。

会社帰りにその瓶ビールを飲みに途中下車してましたよ。

アサヒが2年ぶり首位奪取、キリンは2位 1~6月のビール課税出荷シェア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000596-san-bus_all
7月12日11時40分配信 産経新聞

 ビール大手5社が12日発表した1~6月のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の課税出荷量によると、シェア(市場占有率)は、アサヒビールが37.1%となり、上半期では2年ぶりの首位となった。1~3月に首位だったキリンビールが36.4%で2位となり、アサヒと0.7ポイントの差がついた。

 昨年の年間シェアで9年ぶりに首位を奪ったキリンと、年間トップへの返り咲きを狙うアサヒのシェア争いは激しさを増しそうだ。

 アサヒは3月以降、主力のビール「スーパードライ」をてこ入れしたほか、消費者の低価格志向で人気がある第3のビールで「クリアアサヒ」が好調に推移し、ライバルのキリンから首位を奪い取った。3位はサントリーの13.4%。同社としては上半期ベースで過去最高のシェアを獲得したほか、ビール類の課税出荷量で前年を上回った。4位はサッポロビールで12.3%だった。

 1~6月のビール類の総出荷量は消費者のビール離れに加え、天候不順なども響き、前年同期比4.5%減の2億753万9000ケース(1ケース=大瓶20本換算)となり、上半期としては過去最低を更新した。

 ビール類の種類別では、ビールが前年同期比5.4%減、発泡酒が同21.3%減とマイナス傾向が続く一方、第3のビールが同9.7%と伸びた。市場全体に占める商品別構成比でもビールは48.6%と上半期で過去最低を記録、第3のビールは33.4%と上半期で過去最高を更新した。発泡酒は全体の18%程度まで縮小した。



生ビールってのはどーも衛生的にどうなの?本当に毎日洗浄してるの?ってのが疑わしくて、あんな面倒なこと普通せんし、腹壊しても酒飲み過ぎ、で片付けられるからそんなに神経使ってないと思うんだよね。
とりあえず生、とりあえずノンアルカクテル、って場で瓶ビール、というのも気が引けるから生、の声に合わせてますけどね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/12 19:56 ] 記憶 | TB(0) | CM(0)

貧しい年寄りが増えた

50過ぎたら関連会社や取引先や天下り先に追い出して、中小零細にその受入のためのしわ寄せがきています。そんな中高年齢者雇用なんか積極的にできないですよ。ただでさえ貧しい年寄り増えて80~90歳の親の年金食いつぶして暮らしてる人多い中、年寄りこそ海外に脱出したほうがいいでしょう。20代30代の若い人材はやはり国には必要ですから。

「高齢者になっても働きたい」が6割近く―労政研機構調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000008-cbn-soci
7月5日18時32分配信 医療介護CBニュース

「高齢者になっても働きたい」が6割近く―労政研機構調査
 高年齢者の6割近くが、65歳以上の高齢者になっても働きたいと考えていることが7月5日、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「高年齢者の雇用・就業の実態に関する調査」で明らかになった。男性に限ると、約7割が65歳以上まで働きたいと答えた。また、経済的な理由から就労している高年齢者が最も多かった

 調査は昨年8月20日-9月15日、全国の55-69歳の男女5000人を対象に実施。3602人(72.0%)から回答を得た。
 それによると、「収入になる仕事を辞めたいと考えている年齢はあるか」との質問に対し、「65-69歳まで働きたい」が16.3%、「70歳以上まで働きたい」が10.9%、「年齢に関係なくいつまでも働きたい」が30.3%となり、65歳以上の高齢者になっても働きたいと考える高年齢者の割合は合わせて57.5%に上った。男女別に見ると、男性は69.1%と約7割に上った一方で、女性は46.4%だった。
 また、就業者に対して仕事をした理由を複数回答で尋ねたところ、「経済上の理由」が72.8%で他を大きく引き離しており、以下は「いきがい、社会参加のため」22.3%、「時間に余裕があるから」11.8%、「健康上の理由」11.4%などの順。経済上の理由の内訳は、「自分と家族の生活を維持するため」が88.4%と圧倒的に多く、「生活水準を上げるため」は7.4%と1割にも満たなかった。



「仕事」じゃなくて「労役」や「作業」なんだろうな求められてるのは。でも労役や作業は時給670円でもやっちゃう人がいるからなかなか仕事に就けない。早く仕事辞めたい。仕事なんかしないで済むんだったらしたくないね。
関連記事
[ 2010/07/05 21:24 ] 就職・転職・仕事 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。