にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > アーカイブ - 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

携帯の電波は届くのか?届かなかったらたぶん・・・

選挙で誰に投票したかが丸分かりなのが田舎。
田舎暮らし憧れる人多いけど、プライバシーないもんね。
携帯の電波届かないとまず若者来ないでしょう?
光通信?ADSL?フレッツISDNはたぶんあるでしょう。
NTT電話新設+インターネット(電話番号・開通まで手続)電話加入権(NTT電話回線)ISDN(INS64...


求む!限界集落再生の協力隊員…秋田・上小阿仁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000756-yom-soci
10月14日15時44分配信 読売新聞

都会から農業の担い手となる若者を招き、廃村寸前の集落を再生させようと、秋田県上小阿仁村(かみこあにむら)は「地域おこし協力隊」の隊員2人の募集を始めた。
 11月1日から最長で2年5か月間、村の中心部から約20キロ離れた「八木沢地区」に住み込みで働いてもらう。小林宏晨(ひろあき)村長は「都会の若者の斬新なアイデアで過疎化を食い止めたい」と、救世主の出現に期待を寄せている。
 村の人口は約7000人(1960年)をピークに減り続け、2931人(9月末)。65歳以上が半数を超える「限界集落」は20地区のうち8地区を占める。
 隊員が入る八木沢地区は7世帯16人で、うち12人が65歳以上だ。山田テイさん(66)は、4年前に倒れて自宅療養中の夫(73)を支えながら、一人で農業を続けてきた。地区内で「最後の農家」だったが、今春、両ひざの痛みに耐えきれずにやめた。地区には至る所に耕作放棄地が広がっている。
 村中心部へは県道1本で、豪雪に見舞われると「陸の孤島」と化すこともある。商店もなく、鮮魚や青果を積んだ移動販売車が週2回、地区を訪れる。
 隊員は1日7時間、週5日勤務。農作業のほか、地区の高齢者が病院へ通う際の付き添いや、雪かき、ごみの不法投棄パトロールなども担う。
 隊員がそのまま定住することを希望するが、頻繁に話し合いの場を設け、活性化のアイデアも求めている。小林村長は「地元の人の発想は限界に達している。面白い提案には村全体で取り組む」と真剣だ。
 報酬は月額16万円。住居は、26年前まで小学校だった地区公民館で、改修後に無償提供する。募集は10月20日まで(当日必着)。応募要件は20歳以上で、運転免許(AT限定は不可)があること。

限界集落と地域再生限界集落と地域再生
(2008/11/15)
大野 晃


月給16万は高卒新卒並の給料だから悪くないな(笑)社保完備?賞与は?
月額32万の報酬でコンサルとか雇ったほうがよくないですかね?
それかダッシュ村誘致とか。
面白い提案あっても実現する財源がない、ないというオチはなしね。
2年5ヵ月後が楽しみです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/14 22:37 ] ライフ | TB(0) | CM(0)
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。