にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > アーカイブ - 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

工事費は5000円ぐらい?

借家なのに壁に穴開けてまでケーブル通そうと思わん、ということで未だADSLです。
最近若夫婦なんか固定電話持ってない人増えました。
地震対策やインフルエンザなんかで緊急連絡網作るとき、メインとサブで固定電話と携帯電話、連絡先2箇所書いてもらおうと思っても携帯しか持ってない。
よって旦那の携帯か、実家の固定とか書いてもらうことになる。実家もママンの携帯だったりするし。(離婚してたりして)他人の携帯書いてもらうの激しい抵抗あるし。Lモードが生き残ってたら別のサービスあったかもね。


NTT IP電話を一般向けに販売 光回線への転換促進
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/299673/
配信元:産経新聞
2009/09/08 20:33

 NTTは8日、固定電話サービスの事業方針を転換し、光ファイバー回線利用のIP(インターネットプロトコル)電話サービスを今年度中に一般向けに提供する方針を明らかにした。
 現在、光回線利用のインターネット接続サービス「フレッツ光」の契約者だけに販売している「ひかり電話」を単独でも販売する。料金は月額3千円台を検討しており、600円強の追加で地上デジタル放送も利用可能にする考えだ。
 NTTが全国に均一料金でかけられるIP電話を本格販売するのは、電電公社時代から続く市外と市内で異なる料金体系を基本とした固定電話事業が大きな転換期を迎えたことを意味する。背景には、インターネット利用を前提とした「フレッツ光」の契約数が伸び悩んでいるのに加え、従来のメタル(銅)回線の固定電話契約数が減少する中、メタル回線と光回線の併設を整理して光回線への転換を促進したい事情がある。



ちょっと前に、不景気でADSLに回帰なんて記事読んだ記憶あるけど、光回線自体も、将来的に生き残るのかな~。無線じゃね?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/09 02:00 ] イット | TB(0) | CM(0)
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。