にななしになしぬなしな小事放談

青年失業家が綴る法螺話。当ブログは実話を元にしたフィクションであり、実在の人物、団体、事件などには関係ありません。

ホーム > アーカイブ - 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビッグイシュー

ビッグイシューという雑誌がありまして、主に都市部で売られています。一部300円で販売され(値上げされた)そのうち160円が販売者の収入になります。販売者はホームレスです。
http://www.bigissue.jp/


ビッグイシュー突破する人びと

田舎に住んでいると、町内会で歳末助け合い、赤い羽根、なんかで「1家庭最低500円」などとノルマが割り当てられ、助け合いが義務となっており、そういう「押し付け募金」に非常に抵抗あったのですが、その販売者に直接利益になる、募金が必要としているその人に直接渡る、ということで東京在住時に見かけるとよく買っていました。
ホームレスの人も非常に行儀良く、当時200円で売られているのを500円渡し、助けになればと思い「お釣りは結構ですから」なんて言うと「それは困ります」と頑なに拒否されました。

シャープ派遣社員が労組=福山工場の31人-広島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081225-00000164-jij-soci

2月25日19時50分配信 時事通信

 シャープ福山工場(広島県福山市)で働いていた派遣社員31人が25日、「福山シャープ関連労働組合」を結成した。いずれも15日付で派遣会社に解雇されたが、「雇用契約期間での一方的な解雇」として撤回要求書を派遣会社に送った。

 委員長に選ばれた女性(25)らによると、派遣会社「キャリアシップ」(大阪市淀川区)から同工場に派遣された約100人の社員は、半導体の製造ラインのオペレーターをしていたが、11月15日前後にそれぞれ同社担当者に呼び出され、「失業保険を素早く給付できない」などと言われ、解雇承諾書に押印したという。 

働く場所を失い家も失う人に同情はするけれども、労組作ったりデモしたり抗議したりするより、もう少し自分で何とかする努力はないものだろうか。派遣切り→抗議 のニュースについて、寒い街角、クリスマスイルミネーションの下で声張り上げて販売するホームレスの人に聞いてみたい。社会のせい、政治のせい、景気のせいにせず、160円を得る為に頑張る人を応援したい。今住んでいる所は田舎であり、ビッグイシュー販売しておらず支援することはできませんが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/12/26 02:34 ] 記憶 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  
By Robot Links
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。